大谷翔平

「1948年」最強の左腕とサブマリンが並ぶ“江夏&山田世代”/江夏豊、山田久志、加藤英司

「1948年」最強の左腕とサブマリンが並ぶ“江夏&山田世代”/江夏豊、山田久志、加藤英司
世代史

「1947年」2000安打&200勝が最多の“名球会世代”/鈴木啓示、若松勉、門田博光、福本豊、藤田平、谷沢健一、堀内恒夫、平松政次

「1947年」2000安打&200勝が最多の“名球会世代”/鈴木啓示、若松勉、門田博光、福本豊
世代史

「1946年」優勝候補に挙がる“黄金ドラフト世代”/星野仙一、田淵幸一、山本浩二、衣笠祥雄

「1946年」優勝候補に挙がる“黄金ドラフト世代”/星野仙一、田淵幸一、山本浩二、衣笠祥雄
世代史

  「1940年」本塁打と安打で頂点を極めた“OH世代”/王貞治、張本勲、板東英二1940年王世代  

「1940年」本塁打と安打で頂点を極めた“OH世代”/王貞治、張本勲、板東英二
世代史

長嶋世代  「1935年」プロ野球の発展に寄与した超豪華“長嶋世代”/長嶋茂雄、野村克也、杉浦忠

「1935年」プロ野球の発展に寄与した超豪華“長嶋世代”/長嶋茂雄、野村克也、杉浦忠
世代史

沢村世代     創設期のプロ野球を彩る伝説の右腕から“サワムラ世代”としたが、阪神ファンなら“フジムラ世代”、南海の面影を追うなら“ツルオカ世代”でもいいだろう。投打ともに豪華。日本プロ野球史上、最初の黄金世代だ。

創設期のプロ野球を彩る伝説の右腕から“サワムラ世代”としたが、阪神ファンなら“フジムラ世代”、南海の面影を追うなら“ツルオカ世代”でもいいだろう。投打ともに豪華。日本プロ野球史上、最初の黄金世代だ。
ドラフト史

プロ野球ドラフト会議1995年-2004年  2001年(自由枠)導入。1995年福留孝介が7球団指名重複。1998年松坂と上原の(松坂世代)。

松坂世代が高卒で指名を受ける年であったことからも、松坂大輔をはじめ、藤川球児、福原忍(共に阪神)、東出輝裕、新井貴浩(共に広島)、實松一成、建山義紀、森本稀哲(共に日本ハム)、福留孝介、岩瀬仁紀(共に中日)、上原浩治、二岡智宏(共に巨人)、金城龍彦(横浜)、小林雅英、里崎智也(共にロッテ)など屈指のドラフト当たり年とされる。
ベストナイン

プロ野球  平成・令和ベストナイン

1番 ライト イチロー  オリックス     4367安打235本塁打708盗塁 打率322 日本プロ野球とメジャーリーグベースボールで通算28シーズンをプレーし、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB / MLB通算4367安打でギネス世界記録に認定)、最多試合出場世界記録保持者(NPB / MLB通算3604試合出場)であ...
ベストナイン

プロ野球 昭和ベストナイン  野手  3000本安打、世界のホームラン王、世界の盗塁王、など豪華レジェンド

1番 DH   張本勲   ロッテ       3085安打504本塁打319盗塁 打率319 NPB唯一の通算3000安打達成者で、通算安打のNPB記録保持者(3085本)。またNPB唯一の500本塁打300盗塁達成者。さらに史上最多の16度のシーズン打率3割、史上最長の9年連続打率3割のNPB記録保持者。NPBで最多タイ記録となる首位打者を7回獲得。パ・リーグ最多記録と...
ベストナイン

2023WORLD BASEBALL CLASSIC        侍ジャパン     代表メンバー          野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。

2023WORLD BASEBALL CLASSIC野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。
ベストナイン

2023WORLD BASEBALL CLASSIC       GPOが選ぶ          WBCスタメン(投手)              野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。2023WORLD BASEBALL CLASSIC

2023WORLD BASEBALL CLASSIC™ 23年3月に開催! 野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。
スポーツ

日本プロ野球記録の一覧

プロ野球歴代投手勝利数ランキング 順位投手勝利実働期間登板敗北現役1金田正一4001950-1969年9442982米田哲也3501956-1977年9492853小山正明3201953-1973年8562324鈴木啓示3171966-1985年7032385別所毅彦3101942-1960年6621786スタルヒン3031936-1955年5861767山田久志28419...
ベストナイン

2023 WORLD BASEBALL CLASSIC   GPOが選ぶ          WBCスタメン(野手)       野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。

野球の世界一を決める国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第5回大会が2023年3月に開催されます。 今大会は過去最多の20の国と地域が参加。 東京、台中、フェニックス、マイアミの4会場で1次ラウンドを開催します。各組(プール)で総当たり戦を行う1次ラウンドから、上位2チームが準々決勝ラウンドに進みます。 日本が参戦する東京プール(プールB)の「1次ラウンド」と、台中プール(プールA)上位2チームとの「準々決勝ラウンド」を東京ドームで開催します。
ドラフト史

プロ野球ドラフト会議  1985年ー1994年1985年KKコンビ明暗‼1989年野茂英雄に最多8球団指名。  1993年 逆指名導入された。

1985年のドラフト会議(11月20日開催)当日に桑田には3球団から1位指名の連絡が入った。しかし、ドラフト会議でその3球団は桑田ではなく清原を指名した。一方で巨人は清原ではなく、桑田を1位で単独指名して交渉権を獲得した。当時、西武の球団管理部長であり、自身で清原のくじを引き当てた根本陸夫によると、桑田がドラフト1位で指名されなければ外れ1位又は2位で西武が指名する予定だった。根本がこの話をドラフト直前にリークしたため、巨人は桑田を単独1位指名してこれを阻止した。巨人の桑田1位指名は王貞治監督もドラフト会場に着くまで知らされていなかった。清原には南海、日本ハム、中日、近鉄、西武、阪神の6球団が1位指名で競合し、抽選の結果西武ライオンズが交渉権を獲得した。巨人からの指名を希望していた清原は会見で涙を流した]。
ドラフト史

  1975年-1984年 プロ野球ドラフト会議                                                                           1978年入札方式  広島・ヤクルト 初優勝‼江川卓の空白の1日、藤沢指名5度目で入団。

1978年 入札方式が採用された。  江川卓の空白の1日  ドラフト前日に巨人と契約。セリーグは却下。 セリーグ 昭和50年代 広島時代   パ・リーグ  阪急4連覇
スポーツ

プロ野球年俸額 コスパが良かった!悪かった!  選手や球団。ヤクルトの村上が史上最年少三冠王。日ハムの松本剛と中日ドラゴンズの岡林の活躍。オリックスの山本の沢村賞。

プロ野球年俸額と成績  コスパのいい選手、悪い選手。コスパいい球団、悪い球団。
ドラフト史

プロ野球ドラフト会議の歴史 1965年ー1974年   ドラフト制度以前、選手獲得は完全自由競争で補強費が高騰し経営を圧迫してきた。アメリカのアメフトリーグを参考にして1965年からドラフト会議開始。

1965年ドラフト会議開始  1968年ドラフト会議史上大豊作  名球会、監督ら各7人輩出。 セリーグはON堀内で、「川上・巨人」不滅のV9   パ・リーグは「西本・阪急」5回、南海3回、ロッテ2回優勝。
スポーツ

 近年 甲子園がだんだんつまらなくなってきた‼ 甲子園大会に県代表として出場する強豪校は他県出身だらけ‼ このままでいいのか? 高野連‼

甲子園に出場している強豪校の中に地元の出身の選手が少なくなっている 監督次第で他県の優秀な選手集めている このような状況を高野連はどう思っているのか?
Gpoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました